久保陽子[Yoko Kubo│ヴァイオリン]

久保 陽子 [Yoko Kubo]│ヴァイオリン

3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。

1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業と同時にチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。
その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト 弘中孝と共に桐五重奏団久保陽子トリオ、またジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。

これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている。

久保 陽子 公式サイト http://www005.upp.so-net.ne.jp/yokokubo/

Artist News
・CD パガニーニ:カプリース全24曲 (好評発売中)

 

久保陽子トリオ[KUBO YOKO TRIO]

久保陽子トリオ [KUBO YOKO TRIO]

2005年結成。いずれも桐朋学園出身、故斉藤秀雄氏の教えを受け、40年余りソロ、室内楽を中心に演奏を共にして来た旧知のメンバー。音楽家として培ってきた感性、技術、経験がトリオの演奏に如何なく発揮されている。

2006年春トリオとして初CD『ベートーヴェン:ピアノ・トリオ第7番変ロ長調作品97「大公」,ブラームス:ピアノ・トリオ第1番ロ長調 作品8』をリリース。世界的にも稀な常設のピアノ・トリオとして今後も期待が寄せられる。

2006〜2007年浜離宮朝日ホールにてピアノトリオ名曲集シリーズ、2008年〜2009年ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲全曲演奏会は各方面より高い評価を得る。

 

関連演奏家:
堀 了介 [ cello ] | 弘中 孝 [ piano ]
 
 
 
会社概要お問い合わせサイトマップ
このページの先頭へ